井上医院

 
HOME»  特定健診・特定保健指導

特定健診・特定保健指導

平成20年4月から、従来の老人保健法に基づく基本健康診査に代わり、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した、生活習慣病予防のための、新たな特定健診・特定保健指導が実施されます。医療保険者から受診券が送られてきたら、必ず健診を受けましょう。内臓脂肪の蓄積により、高脂血症・高血圧・糖尿病などさまざまな病気が引き起こされた状態をメタボリックシンドロームといいます。メタボリックシンドロームを放置すると、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞の危険が増えます。

 

特定健診・特定保健指導

 

検査項目(必須項目)

  1. 既往歴の調査(服薬歴及び喫煙習慣)
  2. 自覚症状・他覚症状の有無
  3. 身長・体重及び腹囲の検査
  4. BMI(体重Kg/身長m2)の測定
  5. 血圧の測定6、GOT・GPT及びγ-GTPの検査
  6. 中性脂肪・HDL及びLDLコレステロール検査
  7. 空腹時血糖及びHbA1c検査
  8. 尿中の糖及び蛋白の検査

 

検査項目(選択項目)

  1. 心電図検査
  2. 眼底検査
  3. 血液検査(ヘマトクリット値・ヘモグロビン値・赤血球数)

 

受付時間・診療時間

受付時間・診療時間

 

【受付時間】
 午前8:30~11:30
 午後4:30~6:30
【休診日】
 土曜日の午後
 日曜日・祝祭日