井上医院

 
HOME»  学校伝染病

学校伝染病~対象疾患の出席停止の期間

主な学校伝染病の出席停止基準

病名 出席停止基準
インフルエンザ 解熱後2日を経過するまで出席停止。
麻疹 解熱後3日を経過するまで出席停止。
風疹 解熱し発疹が消えるまで出席停止。
水痘 すべての水疱が痂皮化するまで出席停止。
おたふくかぜ 完全に腫脹がおさまるまで出席停止。
結核 排菌期間は出席停止。伝染力がなくなれば登校可能。予防内服中も登校は可能。

 

条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる病気

病名 出席停止基準
溶連菌性咽頭炎 抗生剤で適切に治療されていれば、24時間程度で他人への感染力が抑制できるので、全身状態がよければ登校可能である。
手足口病 急性期の3~4日程度の欠席はありうるが、一律の出席停止の必要はない。
伝染性紅斑
(りんご病)
発疹出現時にはウイルスの排泄はなく感染力はない。登校は可能である。

 

通常出席停止の措置は必要ないと考えられる病気

・頭ジラミ 
・水いぼ(伝染性軟属腫) 
・とびひ(表在性皮膚感染症)

 

受付時間・診療時間

受付時間・診療時間

 

【受付時間】
 午前8:30~11:30
 午後4:30~6:30
【休診日】
 土曜日の午後
 日曜日・祝祭日